FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレステロールのお話

2009年10月26日 00:20

どうも、こんにちは
予約投稿の真面目なお話の時間です。

私は農業高校の出で畜産のニワトリ専攻だったので
コレステロールのお話w
まぁそんなに難しくなくザックリとお話しま?す。

気になる人はGO!



さて
皆様コレステロールの事を悪いものと思ってはいませんか?
そう思ってコレステロールを摂取しないように生きてたら
死ぬぜ、そのうち
いや、マジで
と言ってもコレステロールを全くとらないのも難しいのでそんなに気にすることもないですよ
ただ過度に取らないようにすると
死ぬぜ、マジで
まぁ命に関わることなので二度言いました。

実はコレステロールは生命維持には欠かせないものなのですよ

コレステロールには善玉・悪玉とあり
病院で医者から健康上の危険で告げられるものは悪玉コレステロールの事
その対極にあるのが善玉コレステロールなのですよ。
ただ
悪玉だからと言ってなければいいわけではなく、悪玉の方も生命維持に必要不可欠なのですよ。
そんで、これ説明してたら化学記号のオンパレードになってしまうので
ザックリいきます。

善玉は各組織で余ったコレステロールを回収し肝臓に運んでくれます。
悪玉はコレステロールを各組織に運んでくれます。

では、コレステロール値とは
血液中に溶けている脂質⇒コレステロールの濃度
血液中ということは・・・・。
脳から体全体へ行きわたるということなのです。

まとめると・・・・

コレステロール値が高い

悪玉さんの方が多い

悪玉さんが各組織にどんどんコレステロールを必要以上に持っていく

善玉さんが少ないので必要ないコレステロールを回収できない

たまる

固まる

脳梗塞や心筋梗塞

みたいな感じかな
ちなみに脂質というものは簡単に言えばエネルギーの元
ということは悪玉さんはエネルギーを運んでくれるので悪玉さんが居なくなるとそれはそれで大変なことになるのですよ。


では
逆にコレステロール値が低くすぎると?
コレステロール値が低くなると血管が破れやすくなったり、免疫力が低下するなどの弊害が生じるのです!
最近になってコレステロール値が低い人の方ががんになりやすいんだとか・・・。




ちなみに卵を毎日食べてもコレステロール値には変化しませんぜ
むしろ卵に含まれているコリンという物質は悪玉さんを減らしてくれて
動脈効果防止の役割をはたすんですよ。

そしてコレステロールは人間の体内(肝臓)でも作られます。
コレステロールを含む食材を摂取したときは必要量を保つように体内で調整されて作られます。
不健康な生活をおくっているとこの調整が正常に働かなくなり
先にも話した通り動脈硬化なり何なりなるわけですね。

めちゃくちゃザックリ話しましたが分かっていただけたでしょうか
正直これだけだとわからない部分が多々あるでしょう
そんな時はおなじみwikiなどで調べてみてください

ああ
それから正常なコレステロール値を保つには
ちゃんとした片寄りのない食生活と適度な運動が一番効果的ですよ。
これ以外は書きません
楽して簡単に健康になろうなんて考えないことですなww
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rakugaki23agi.blog63.fc2.com/tb.php/57-93823277
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。